副作用Fカフェイン

副作用Fカフェイン

青汁のなかには味を調節するため、煎茶や抹茶などのお茶を添加したタイプがあります。青汁自体にはそれほど多くのカフェインは含まれていないのですが、お茶類を加えているものはカフェインが多くなる傾向があります。

 

とくに妊娠中でカフェインの摂取量を調節しなければならない場合、青汁を健康対策で大量に飲むのは避けてください。青汁には妊娠中に積極的に摂りたい葉酸も含まれていますから、飲む場合はノンカフェインを選びましょう。または抹茶・緑茶・煎茶などのお茶類が加えられていないものを選んでください。

 

妊娠中にカフェインを過剰摂取してしまうと、流産などのリスクが高まるともいわれています。カフェインは様々な食品にも含まれているため、大量に摂取しなければあまり心配する必要はありません。

 

妊娠中ではリラックスのためにコーヒー1杯程度なら影響は少ないといわれており、ほかの食品でカフェインの摂取量が少ないなら、青汁で摂取してもそれ程影響はないでしょう。問題となるのは大量に摂取した場合ですから、健康に良いからといって妊娠中に青汁をたくさん飲むことがないようにしてください。

 

カフェインは多少ならリラックス効果や、利尿作用を高めるなど良い効果もあります。