副作用Gベータカロテン

副作用Gベータカロテン

青汁のように緑黄色野菜がメインに使われている場合、ベータカロテンの過剰摂取にも注意してみましょう。ベータカロテンはビタミンAの作用をしたり、抗酸化作用などがあります。かぼちゃやピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

どのくらいが過剰摂取になるのかというと、実は適切な摂取量はよくわかっていません。ベータカロテンは過剰摂取してもビタミンAに変わることから、それほど影響は少ないと考えられています。

 

それでは青汁に含まれるベータカロテンによる副作用はどのようなものかというと、ビタミンAの影響を考える必要があります。例えば妊婦ではビタミンAを過剰摂取すると、赤ちゃんへの影響を及ぼすことがあります。

 

他にも健康目的でビタミンAを過剰摂取しても効き目があまりなかったり、逆効果にあるという説もあります。

 

注意したいのは青汁を過剰に飲んでベータカロテンを摂った場合です。サプリメントなどで摂取した場合に過剰摂取になりやすく、通常の青汁の飲み方ではそれほど気にする必要はありません。

 

青汁をバケツ1杯飲むような方はいませんが、健康目的のために大量に飲んで効果を期待するような利用の仕方は避けるのが無難だといえます。