副作用Hカリウム血症

副作用Hカリウム血症

青汁を飲むことで高カリウム血症になってしまう方がいます。高カリウム血症とは、細胞のなかと外とのカリウム濃度バランスが崩れてしまった病気です。高カリウム血症の原因は薬剤や火傷などの影響で起きたり、腎臓の問題から起こることがあります。ほかには一時的に血液が酸性に傾き、細胞のなかから外へカリウムが移動してしまうなどの原因です。

 

つまり原因は腎臓が弱っているなど内臓の問題がもともとあり、それに加えて青汁を大量に飲むことで高カリウム血症が起こるのです。通常の人がカリウムを一時的に大量に飲んだくらいではあまり影響はありません。

 

カリウムは摂取量が多くなっても尿と一緒に排出されるからです。

 

腎臓が弱っていてカリウムの排出力が低下している方は注意する必要があります。腎臓や尿細館の問題が発生したり、アルドステロンのホルモンが欠乏することでも影響を受けやすくなります。

 

もし腎臓の疾患を抱えている方が青汁を飲む場合、薬の影響やカリウムの摂取量などを医師や薬剤師の方に相談しておきましょう。手のしびれや不整脈などが起こりやすい方は高カリウム血症に注意する必要があります。